news お知らせ

洲本市・淡路信用金庫とともに淡路島での事業創出を支援「淡路島ゼロイチコンソーシアム」を設立

企業と地域の関係人口を増加して地域課題を解決、若者が憧れる事業で淡路島を活性化

「わくわくする明日をこの島から」をモットーに企画提案する株式会社シマトワークス(兵庫県洲本市)は、当社が発起人となり「淡路島ゼロイチコンソーシアム」を9月10日(金)に設立します。持続可能性の高い社会を目指す事業を創出し、関係人口の増加によって地域課題を解決することで淡路島を活性化します。これにともない同日の15時から、当社が運営する「Workation Hub 紺屋町」(洲本市)にて、設立時メンバーの淡路島の洲本市と淡路信用金庫と、参加事業者2社の合同でメディア向け発表会を開催します。

イノベーション創出型ワーケーション事業をさらに加速

当社は淡路島において10年以上にわたって、島ならではの「暮らし方」「働き方」「おもてなし」の魅力を高める企画を多数実施してきました。長年培ったノウハウや島内の様々な分野とのネットワークをいかし、洲本市の街を舞台にしたワーケーション事業を今年5月から始動。ワーケーションで淡路島に訪れる事業者のイノベーション創出を支援しています。このたび設立する「淡路島ゼロイチコンソーシアム」において、当社と、洲本市の地域活性化を目指す洲本市企画課と淡路信用金庫の3者が連携し、島内での事業創出と関係人口の増加、SDGsを推進していくこととなりました。

コンソーシアム設立に向けた準備風景

産・官・民・学・金の連携で、事業者をワンストップ支援

「淡路島ゼロイチコンソーシアム」は、島外から参加する事業者や地元生産者をはじめ、自治体と金融機関、大学(域学連携)、兼業・副業・プロボノ人材など多様なプレーヤーが参加する、実行性と継続性の高い取り組みです。産官民学金それぞれのプロフェッショナルが連携するため、淡路島で事業創出を目指す事業者をワンストップでサポートできます。社会性のあるテーマにそったプロジェクトを立ち上げ、各専門家が伴走して事業を推進します。企業と地域の関係人口を増加させる全国でも珍しい取り組みとなっています。

現在事業化を目指しているのは、淡路島の里地・里山・里海の多様性を知り、それらの継承活動を取り入れたクオリティの高い働き方を目指す「淡路島Green+Workation Project」(株式会社建設環境研究所、東京都豊島区)や、都市と地方・地域とのつながりをデザインする「(仮称)New Neighbors 構想」(株式会社日建ハウジングシステム、東京都文京区)などで、淡路島の関係人口の増加や地域の課題を解決します。(※9月10日のメディア向け発表会では、この2社が事業内容をプレゼンテーションします)

コンソーシアムに関わる人々が思い描く明るい未来を実現できるような事業を推進するとともに、若者が地方で働くことに「憧れ」を抱くきっかけづくりをすることで、淡路島の関係人口の増加と地域活性化に貢献します。

「淡路島ゼロイチコンソーシアム」概要

ワーケーションを通して淡路島での事業展開を目指す事業者と、島内の事業者(産業・資源)をつなぐプラットフォームです。各事業者のプロジェクトごとに、関係人口増加や、SDGsなど社会性のあるテーマを設定することで、地域・社会課題解決型の事業創造ができる仕組みです。島外、島内のどちらか一方の事業者だけでは協業の成立が難しいケースが多いですが、行政(洲本市)、金融機関(淡路信用金庫)、地元事業者(当社)のネットワークで円滑なマッチングが可能です。各分野のプロフェッショナルが事業化を支援し、事業の実現可能性と持続性を高めます。さらに各プロジェクトには、外部専門家がメンターとして伴走するので、参加者は新しい知識を取り入れて組織の活性化と事業構想にいかすことができます。

コンソーシアムへの参加対象事業者

当社が運営するWorkation Hub 紺屋町の「シェア型サテライトオフィス」利用事業者。
※島内の地元事業者はプロジェクトに合わせてマッチングしていきます。

構成メンバー

メディア向け発表会概要

  • 日時:9月10日(金)15時~ コンソーシアム概要説明 / 15時半~ 質疑応答
    ※会場では16時半まで個別取材やワーケーション施設の見学が可能です。
  • 場所Workation Hub紺屋町(兵庫県洲本市本町7丁目1-32)
  • 発表企業・団体:株式会社シマトワークス、洲本市企画課、淡路信用金庫、株式会社日建ハウジングシステム(オンライン発表)、株式会社建設環境研究所(オンライン発表)

※発表会は新型コロナウイルス感染症対策に配慮して開催いたします。

株式会社シマトワークスについて

新しいものに出会った時のわくわくする気持ちを大切に、島に溢れる多種多様な資源に新しい価値を結び付け、わくわくする企画を提案します。淡路島に暮らす3人が、今まで、そしてこれから出会える人たちと一緒に何ができるか考え、形にしていきます。観光地ではたらくだけでなく、一人一人が主体性を持ってそれぞれの生き方・はたらき方を追求する、新しいワーケーションを提案します。

株式会社シマトワークス

本件に関するお問い合わせ先

株式会社シマトワークス 代表取締役 富田 祐介
〒656-0012 兵庫県洲本市宇山1-2-45(淡路島)

Mail:[email protected]
WEB:https://shimatoworks.jp/